八十八ヶ所 松山・道後路編 おもてなしの宿 四国の人情 やすらぎ旅

HOMEに戻る

お遍路巡礼巡拝一覧 [愛媛県]

第49番札所 浄土寺

ご本尊
釈迦如来
本尊拝顔
絶対秘仏
宗派
真言宗 豊山派
開基
恵明上人
真言
のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
所在地
愛媛県松山市鷹子町1198
連絡先
089-975-1730
アクセス
伊予鉄横河原線久米駅下車 徒歩約5分

由来・歴史

天平年間(729~49)、孝謙天皇の勅願により、恵明上人が創建しました。この時、行基が刻んだ釈迦如来を本尊としたのが始まりです。最盛期には六十六坊もの末寺を持つ大寺院でしたが、後に弘法大師が訪れた時には荒廃しており、その後室町時代の兵火で焼失するなど寺運は衰退していきました。また、この寺は天徳四年(960)、空也上人が三年ほど滞在したとも伝えられ、近くには修行場だった「空也谷」があり、境内には「空也松」と呼ばれる松の木もあります。

動画で境内を見る

ご案内図


大きな地図で見る

境内の見どころ

本堂厨子には、室町時代から江戸時代にかけての落書きがあり、貴重な歴史資料です。
寺の近くには地元でも人気の鷹子温泉があります。

仁王門から本堂を望む

仁王門から本堂を望む

 

階段を登ると開けだ境内が広がる

階段を登ると開けだ境内が広がる

 

松山市の指定有形文化財の不動明王像

松山市の指定有形文化財の不動明王像

 

空也上人像

空也上人像

踊念仏の開祖で阿弥陀の教えを説法して回った空也上人がこの地を去る時嘱望されて刻んだ自蔵(空也像)があります。これは国の重要文化財に指定されています。
口元からは六体の小さな仏像が出て、上人が唱えた「南無阿弥陀仏」の6文字の一語一語が仏の姿になって口から出ている姿を表現しており、手には鹿の角をつけた杖を持っています。

仁王門

仁王門

お遍路さんが奉納したたくさんの草鞋が掛かる仁王門と500年の歴史を持つ本瓦葺き寄棟造の本堂は国の重要文化財に指定されています。

駐車場のご案内

正面参門の前に駐車場があり車を降りたらすぐに参拝が可能です。
道幅が狭いところもありますので大型車は県道を挟んで南側の駐車場を利用するのをお勧めいたします。
県道は交通量が多いのでご注意ください。

普通20台(100円)・ワゴン(200円)
マイクロ(500円)と大型(1,000円)4台
※寺行事の場合は全車種無料