八十八ヶ所 松山・道後路編 おもてなしの宿 四国の人情 やすらぎ旅

HOMEに戻る

お遍路巡礼巡拝一覧 [愛媛県]

第46番札所 浄瑠璃寺

ご本尊
薬師如来
本尊拝顔
秘仏
宗派
真言宗 豊山派
開基
行基
真言
おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
所在地
愛媛県松山市浄瑠璃町282
連絡先
089-963-0279
アクセス
伊予鉄道松山市駅より丹波行バス浄瑠璃時前下車すぐ

由来・歴史

浄瑠璃寺は松山市内八カ寺の打ち始めの霊場です。
このあたりは遍路の元祖と言われるエモン三郎のふる里として知られています。
和銅元年(708)、行基が奈良の大仏開眼に先立って仏教布宣のためにこの地に立ち寄り、自ら白樺の木で本尊の薬師如来を刻んで安置したのが始まりです。
さらに大同二年(807)には、弘法大師も巡錫し堂宇を修復。寺号は薬師如来の別名が浄瑠光如来ということに由来します。正徳五年(1715)の山火事で堂塔を消失しますが、その後、地元の僧侶尭音(ぎょうおん)によって再建されました。

動画で境内を見る

ご案内図


大きな地図で見る

境内の見どころ

浄瑠璃寺は「御利益のよろず屋」といわれるほど、数々のご利益があるといわれている仏足石・仏手石・仏手指紋・一願弁天堂・説法石があります。
大師が加持したという樹齢1000年を越す天然記念物のイブキビャクシンがあります。

仏足石

仏足石

本堂手前の左側にある仏足石はお釈迦様の足裏模様が刻まれています。裸足になって上に立ち健脚、交通安全を祈願します。

説法石

説法石

説法石は本堂を挟んで仏足石の対にあります。その石は釈迦が説法したといわれるインドの聖地 霊鷲山(りょうじゅせん)の石を埋め込んでいます。腰をかけて祈念することができます。

一願弁天堂

一願弁天堂

一願弁天堂は、ただ1つの願いを叶えてくれる芸術の守護神で、美貌・知恵・財宝・福徳・芸術に関する願いには、特に霊験があると伝えられています。
天女像が本堂左手奥の鳥居の中に祀られています。

蓮池

蓮池

蓮は仏様の蓮華座で智慧や慈悲の象徴とされる美しい花です。死後、浄土で同じ蓮華の上に生まれようという思想がもとになり「一蓮托生」という言葉が作られたといいわれています。
この蓮の見ごろは6月頃です。

大師お加持の霊木

大師お加持の霊木

浄瑠璃寺にある天然記念物の樹齢1000年のイブキビャクシンは弘法大師が加持したといわれています。
葉の付いた枝はすべて上に向かって伸びたさまは炎のような枝振りです。

駐車場のご案内

駐車場案内駐車場案内境内北側に隣接した駐車場がございます。
正面参門入口のから右手の坂をグッと登った左手にございます。
境内に隣接しており、裏手からではございますが楽に入ることができます。

普通車 10台
終日  無料