八十八ヶ所 松山・道後路編 おもてなしの宿 四国の人情 やすらぎ旅

HOMEに戻る

お遍路巡礼巡拝一覧 [愛媛県]

第53番札所 円明寺

ご本尊
阿弥陀如来
本尊拝顔
絶対秘仏
宗派
真言宗 智山派
開基
行基
真言
おん あみりた ていせい から うん/dd>
所在地
愛媛県和気町1-182
連絡先
089-978-1129
アクセス
JR予讃線伊予和気駅より徒歩約5分

由来・歴史

天平勝宝元年(749)、聖武天皇の勅願により、行基か阿弥陀如来を刻み、和気の海岸に安置したのが始まりです。以後、度重なる兵火によって焼失、荒廃していたところ、江戸時代初めに和気の豪族、須賀重久が現在の場所に伽藍を再興しました。観音堂にある十一面観音菩薩は戦国末期に滅んだ河野家の遺臣達が戦死者の供養のために造ったといわれています。

動画で境内を見る

ご案内図


大きな地図で見る

境内の見どころ

円明寺は市街地にあります。駐車場は山門の前にあり、横付けでき便利です。
大正十三年(1924)には、巡拝中のアメリカ人のスタール博士がによって高く評価され有名となった銅板の納所が最大の見所です。

キリシタン灯篭

キリシタン灯篭

参門をくぐってすぐ左手に高さ40センチほどのキリシタン灯篭があります。聖母マリアらしき女性の姿が刻まれていて、隠れキリシタンの信仰に使われていたとの説もあります。

左甚五郎作の龍

左甚五郎作の龍

本堂の右上の鴨居には左甚五郎が作った龍があります。5mほどの彫り物で、行いが悪い人が見ると目が光ると言われています。

左甚五郎作の龍

日本最古の銅の収め札

大正十三年(1924)には、巡拝中のアメリカ人のスタール博士がによって高く評価され有名となった銅板

左甚五郎作の龍

境内の様子

道路脇の参門をくぐるとすぐ二層の楼門があります。

 

左甚五郎作の龍

仁王門

 

駐車場のご案内

参門の道を挟んで真正面に駐車場がございます。 平地で市街地にあり、交通の便もよく近くには銀行・商店街や宿泊施設もあり利便性がいいです。

普通10台・大型3台
午前7時〜午後5時・無料