八十八ヶ所 松山・道後路編 おもてなしの宿 四国の人情 やすらぎ旅

HOMEに戻る

お遍路巡礼巡拝一覧 [愛媛県]

第51番札所 石手寺

ご本尊
薬師如来
本尊拝顔
秘仏
宗派
真言宗 豊山派
開基
行基
真言
おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
所在地
愛媛県石手2-9-21
連絡先
089-977-0870
アクセス
JR予讃線松山駅より奥道後方面行きバス石手寺前下車すぐ

由来・歴史

神亀五年(728)、聖武天皇の勅願により、伊予国司の越智玉純が鎮護国家の道場として伽藍を建立、翌年行基が薬師如来を本尊として安養寺と名付けました。弘仁四年(813)に弘法大師が来錫し、真言宗に改め、石手寺と改名しました。改名にあたって次のような伝説があります。
昔、強欲な衛門三郎という男が心を入れ替え、遍路の末、臨終前に弘法大師に会うことができた。その際、大師は彼に「衛門三郎」と刻んだ石を授けたといいます。後に、この地方の豪族河野家に男子が生まれましたが、その子の手には衛門三郎と刻まれた石が握られており衛門三郎の再来として石手寺に納められたといわれています。

動画で境内を見る

ご案内図


大きな地図で見る

境内の見どころ

境内ほとんどの堂塔が国宝、国の重要文化財に指定されている壮観さで、さらに寺宝を常時展示している宝物館を備えています。四国霊場では随一ともいえる文化財の寺院です。
大師堂は別名、「落書き堂」といわれています。かつて、夏目漱石や正岡子規など、多くの名士が落書きを残していました。

渡らずの石橋

渡らずの石橋

弘法大師が架けたという渡らずの石橋は、歩くと足が腐ってしまう言われています。「洗い石」とも言われています。裏側には経文が刻まれています。

多くの重要文化財多くの重要文化財多くの重要文化財

多くの重要文化財

多くの重要文化財

仁王門は国宝です。
重要文化財は本堂をはじめとして、三十塔、鐘楼、五輪塔、訶梨帝母天堂、護摩堂の建造物と、愛媛県最古の銅鐘があります。大師堂の右手にある、訶梨帝母天堂は安産祈願の信仰を集めています。仁王門を入り、左側には阿弥陀堂があります。ぼけ防止の祈願者が多く参拝しています。

インド仏像

インド仏像

山門

山門

境内から本堂を望む

境内から本堂を望む

 

駐車場のご案内

コンビニやお食事処ろが近くにあり、休憩やお土産の購入が可能です。
いずれの駐車場も境内のアクセスは便利で収容台数も多いです。
交通量が多いのでご注意ください。

民営駐車場4ヶ所・有料
普通200台・マイクロバス、大型50台