八十八ヶ所 松山・道後路編 おもてなしの宿 四国の人情 やすらぎ旅

HOMEに戻る

お遍路巡礼巡拝一覧 [愛媛県]

第48番札所 西林寺

ご本尊
十一面観世音
本尊拝顔
絶対秘仏
宗派
真言宗 豊山派
開基
行基
真言
おん まか きゃろにきゃ そわか
所在地
愛媛県松山市高井町1007
連絡先
089-975-0319
アクセス
伊予鉄道横河原線久米駅より窪田行きバス高井局前下車徒歩約5分

由来・歴史

天平十三年(741)、聖武天皇の勅願により、行基が徳威の里(現在の松山市小野、播磨塚あたり)に十一面観世音菩薩を刻んで本尊としたのが始まりです。その後、大同二年(807)に弘法大師が現在の場所に移し国家安泰を祈願する道場にしました。寺からほど近いところには、弘法大師が杖で地面を突いて泉を湧かせたという「杖の淵」(弘法清水)があり、名水百選にも選ばれ今も人々の飲料水となっています。また、川の土手よりも低いところに寺があることから、無間地獄にたとえられ、伊予の関所寺ともいわれています。

動画で境内を見る

ご案内図


大きな地図で見る

境内の見どころ

本堂に置かれる本尊は秘仏であり、後ろ向きに置かれているため本堂の裏側に回ってお参りする参詣者も多くいます。
本堂右手の閻魔堂の前の「親子竹」は家庭円満の御利益があるといわれています。

福授地蔵

福授地蔵

1つだけ願いを叶えてくれるという福授地蔵が境内の池の上に鎮座しています。

閻魔堂と孝行竹

閻魔堂と孝行竹

親竹と子竹が離れないで生えている竹。家庭円満のご利益があるといわれています。

杖の淵公園

杖の淵公園

日照りの時弘法大師が杖をついて湧き出た水で村人を助けたといわれています。 昭和60年の名水100選にも選ばれ公園が整備されています。

駐車場のご案内

参門正面には小川がながれ、寺社周囲はのどかな田園風景です。
参門前に広がる駐車場からすぐ参拝できます。
参門をくぐって右手に綺麗なトイレがございます。
参門の裏で影になったベンチに座り、綺麗に掃き上げられた境内を眺めて一息つくのもお勧めです。

普通20台・大型2台・終日・無料